ここがポイント!少額投資非課税制度

ここがポイント!少額投資非課税制度

商品先物取引について

ここがポイント!少額投資非課税制度
商品先物取引はひとつの投資商品になるわけですが、どのような特徴があるのでしょうか。
まず大きな特徴としているのは、買いだけではなく売りによっても取引をすることができるという点かもしれません。
株式投資ではできない、相場の下落局面のさいにも利益を狙えるというのはメリットだといえるでしょう。
さらに特徴のひとつとして注目されているのが証拠金制度であるという点です。
取引を行う商品の総額に対して5〜10%程度の担保によって、それ以上の取引をすることができますので、資金がかぎられているというような場合にもオススメだといえるでしょう。
さらに商品先物取引の特徴としていえるのが、限月があるという点です。
限月というのは、取引の期限のことを指しているわけですが、取引をする商品ごとに期限が決められている場合がほとんどです。
また以前とは異なり、夜間立ち会いというものができたので、好きな時間に、商品先物取引を売買することができるというのも株式投資とは違った魅力だといえるかもしれません。
この商品先物取引では株式投資などとはことなり、さまざまな商品銘柄を選ぶことができますが、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。
有名なものでは金、白金、原油などがあります。
とくに原油に関しては、ガソリンや灯油などの原料になるということで、世界経済や国際商品市況全般に影響してきますので、とくに価格の変動などは注目されているようです。
さらに私達の生活に根付いている商品としては、天然ゴムを挙げることができますが、このゴムは自動車や自転車などのタイヤ・チューブ、免震材、ゴム手袋など用途が広く、中国やインドなどの新興国の消費拡大によって、とくに価格変動が多いというのも特徴的です。
さらに人気のある商品先物取引の銘柄としてとうもろこしも挙げることができるでしょう。
このとうもろこしは、肉、卵、牛乳や乳製品など畜産物の飼料になるわけですが、全体的な食物の物価などとも大きな関係がある分野だといわれています。
また日本では食用油、味噌、醤油、納豆、豆腐、煮豆などとよく利用されている大豆も人気銘柄になります。
現在では国産のものは減りつつあり、米国、ブラジル、中国等からの輸入がほとんどであるといわれています。
商品先物取引を成功させるには、これらの銘柄がどのような価格変動をするのかなどを上手に予測して、売り買いすることが必要になってくるといわれています。

関連リンク