ここがポイント!少額投資非課税制度

ここがポイント!少額投資非課税制度

信用取引のリスク

ここがポイント!少額投資非課税制度
信用取引は投資のなかでもリスクの大きいものだといわれていますが、具体的にはどのようなデメリットがあるといわれているのでしょうか。
まずは金利や手数料を取り上げることができますが、決済時にはそれらの費用が発生してきてしまいます。
この手数料や金利というのは、各証券会社によっても違いがあるといわれていますので、できるだけ安いものを選ぶと良いでしょう。
また逆指値というシステムを採用している証券会社もありますが、これはリスク管理をするのに最適だといわれていますので、そのようなサービスがあるものを選びたいものです。
そしてさらに挙げられるデメリットとしては、追加保証金である追証があります。
これはどのような際に発生する費用だといわれているのでしょうか。
信用取引というのは、文字通り信用で取引をするというものですので、先に担保を預けることによって信用してもらうことが必要になります。
具体的に預ける費用ですが、委託保証金率30%といわれていますので、購入する30%の担保や株が必要になってきます。
しかし場合によってはこの担保にしている株の価値が下がってしまい、購入する30%に満たなくなってしまうことがあります。
このさいに必要になってくるのが上記にあげた追証になるわけです。
もしこの追証があった場合には、翌々営業日までに追加の担保を入れなければならなくなりますので注意が必要です。
この追加がない場合には、現在保有している株式が自動で売却されてしまうこともあります。
さらに一番避けておきたいポイントですが、破産の危険性というものもあります。
例えば信用買いした銘柄が暴落したケースなどはよくありますが、この場合には手持ちの資金がなくなってしまうだけではなく、証券会社より借りた資金分の借金が発生してしまいます。
また株価が下落するということもありますが、この場合ロスカットを怠っていると損失や金利がかかってきてしまいますので、その負担もかなり大きいものとなってしまいます。
さらに破産のケースとしては、カラ売りが原因になるというものもあります。
空売りの場合、買いが集まると株価が際限なく騰がってしまう可能性がありますので、非常に危険な状態だといえるでしょう。
突然の好材料のニュースや報道などがあると、これらの株価が急変することがあるので注意したいものです。
少額で投資ができるのがこの信用取引のメリットですが、損失も大きくなってしまいますので注意が必要です。